女性のマンション選び  防犯マンションの意外な落とし穴!

女性の1人暮らしは、とくに防犯面に気を配りましょう。

安心して暮らすためには「駅から近い」「2階以上」「オートロック」なのが理想的ですが、

付近の環境も大切です。

マンション    周囲にのぞかれそうな建物はないか 駅までの道のりに不安はな
  いか 昼間だけではなく夜の様子はどうか といったことをチェックし
  て おきましょう。

  ただし逆にすべての条件がそろっているからといって、過信しすぎ 
  ないようにしましょう。

多少、駅から遠くても、にぎやかな通りを利用できれば安全性も上がってきます。

築年数・種別・階数のこだわり 地域によっても違いはありますが、新築のほうが家賃はやや高くなります。

マンションは規模・管理状況・設備によって差があります。それでもアパートと比べると高めになります。 1階は防犯面が不安という声があり、上階より若干家賃が下がることが多くなります。 しかし、女性の場合は上階のほうが安心かもしれません。

マンションの場合、通常は上階になるほど家賃は高くなります。

女性のマンション選び  自分のライフスタイルを決める

自分のライフスタイルに合わせて実物をチェックする シングル女性の場合、通常のお勤めの方が、普段ご自分のいない時間帯のウィークデイの昼間に見学に行っても、あまり参考にな1‐1り ません。

と言うのも、帰宅後のプライベートな時間や休日をゆったりと充実させたいのであれば、その時間帯に現地と物件を見学することをお勧めし ますが、 住戸の確認は明るい時の方がよいので、昼間にしかできないことは昼間に行ってください。

 また、ファミリー中心で構成されているマンションであれば、ご自分のライフスタイルに合うかどうか念入りにチェックしてください。

シングルとファミリーの生活パターンは基本的に異なります。

 シングル女性であれば、年齢に関係なく生活パターンは大体同じ。
逆に同じ年齢でも、専業主婦で子育て真っ最中の人と、仕事を持つ女性とでは全く異なります。 既婚者でも、仕事を続けている人であれば、独身女性の生活パターンと似ています。

1‐1 

  ですから、独身女性の場合、あまり広すぎるタイプのマンションや通勤に
  不便な郊外型の駅から遠いマンションは選ばないことです。

 専有面積が70m2以上もあるような広さのものは基本的にファミリー向け
  のマンション。

   静かに暮らしたいのであれば、30〜60m2くらいの1〜3人の小家族や

   独身の人に向けたタイプのマンションを選ぶべきです。


▲このページの先頭へ

メインメニュー

システム

運 営

運営:チームHyouGo
このサイトは、マンションに
住みたい女性を応援する
ために運営しています。

関連サイト

賃貸マンション,com引っ越し情報.com福岡中古マンション情報.com女性マンション情報.comマンション情報.com