女性のマンション 人気施設  意外と必要ないものも・・・・・

★独身の女性の場合は、将来の安心の一つとしてマンションを買うことが多いです。  

 ところが、一人で暮らし始めると邪魔になってくるのが、ダイニングとリビン1-2グだったりします。  

和室なども必要なく。

冬はコタツで鍋的な発想で設計されているのは不要です。
要するに家族的要素はすべていらないかも知れないという
ことに気付いてください。

女性にとって住みやすい条件が整っていながらも、限定された層の人だけでなく、シングル・DINKS・ファミリーなど様々なライフスタイルの方が集まって 暮らすことのできるマンション。

女性のマンション購入が増えてきた今、このようなマンションが今後増えていくかもしれませんね。

独身女性マンションに必要?共用施設の使い方

新築マンションは、どこも様々な共用施設をアピールしてますよね。
女性マンション.com  マ ンション購入者に人気の共用施設としては、
 「コンシェルジュ」
 「ゲストルーム」
 「カフェスペース」
 「リラクゼーションスペース」                  
 「キッズルーム」
 「パーティースペース」などが挙げられているようです。

 しかしですね、こうしたランキング上位の人気施設は、
 ほんとに独身女性にとって必要なものなんでしょうか?


独身女性マンション・利用することもない施設 こんなものいらない!

シングル女性の視点からみると、入居後にほとんど利用することもない施設が最近やたらと多くなってるような気がします。
(共用施設の維持費は、管理費という形でマンション住人が負担していることをお忘れなく。)

豪華共用施設に目を奪われることなく、セキュリティがしっかりしているとか、自分の生活に必要な設備をしっかり見極めたいものです。

「ホテルライク」という言葉なども、マンションの広告でよく見かけます。 ホテル並みの設備を備えたという感じの意味なんですが、たとえばコンシェルジュサービスとかを指しているようです。

実際住んでみると、コンシェルジュサービスは、朝あいさつをするくらいで、あとはごくたまにクリーニングを渡す程度。 (クリーニングは宅配ロッカーに自分で入れれば済し)

あまり、女性にとっては「あってよかったー」とは感じない人も多い数です。女性マンション.com

それよりも、満足しているのは内廊下であること。
ホテルのように、各住戸への廊下が屋内にある方式のことで、
これも「ホテルライク」。
雨の日でもマンションの入口にさえたどり着けば、あとはずっと屋内と
同じです、 外廊下よりも汚れないし、カーペットなので足音もしなくて、廊下は静かです。
それに、外から覗かれにくい、外部から人が侵入しにくい、といった防犯上の利点もあるようです。


▲このページの先頭へ

メインメニュー

システム

運 営

運営:チームHyouGo
このサイトは、マンションに
住みたい女性を応援する
ために運営しています。

スポンサー


早めの資料請求で賢くマン ション購入