女性マンション防犯チェック  そんな手があったなんて・・・びっくり

女性マンション1‐4  快適な生活を送るためには身の安全を考えることも大切です。
 女性の暮らしに潜んでいる危険の数々−普段から防犯対策はしっかりと 
 おこないたいものです。
 日常の中で考えられる、さまざまなケースを想定しておきましょう。女性マンション1‐4

  最近では、エントランスにオートロックが設置された

マンションもありますが、整備されている環境ゆえに油断してしまうことも
あります。

マンションの場合、オートロックがついていても、侵入することは不可能で
はありません。
マンションの住人がドアを開けた瞬間に、「その人と一緒にマンションに
入る」などで不審者が住人を装って侵入することができることを忘れない
でください。

また、泥棒には低層の1・2階も狙われる場所の一つですが、上層階ほど人目が少なく、あえて上層階が侵入されることもあるのです。

女性マンション防犯・周辺環境チェック  夜道は危険がいっぱい!

一戸建て住宅は、玄関のカギ対策が進んだり、1ドア2ロックになっていたりしますが、 実際に狙われる場所は、窓ガラスの方が圧倒的に多いことを忘れないでください。

※周辺環境のチェックも忘れずに!
自分の住むマンションや一戸建て住宅の立地条件は、防犯環境にも大きな影響を与えます。

女性マンション1‐4  例えば、通勤経路が「人通りが少ない」、

 「街灯がなく夜間は暗い」。

  周辺が「交番やスーパーなど、万が 一の際に駆け込める
   場所がない」、「見通しが悪い」。

    道幅が狭くて外灯が暗い、狭い路地が多い、など このよう
   な 環境では、犯罪が起こりやすく、侵入犯罪だけでなく、
   痴漢やひったくりといった路上 犯罪に巻き込まれる危険
   があります。

 設備が整っているだけでは十分な防犯対策とは言えません
   し、 住まいを選ぶ時には、設備だけでなく、 周辺環境も考慮
   して選びましょう。

  また、自分でできる対策は面倒がらずに積極的に行うこと
  が、 対策の第一歩です。

さらに、より安全なお部屋選びには防犯設備をしっかり確認することが大事です。


▲このページの先頭へ

メインメニュー

システム

運 営

運営:チームHyouGo
このサイトは、マンションに
住みたい女性を応援する
ために運営しています。

スポンサー


早めの資料請求で賢くマン ション購入