マンション購入金利に注意  ☆今だからこそ金利が安い!

マンション購入での住宅ローンでは大きく分けて2種類あります

「長期固定金利」と「変動金利」があります。

簡単に説明すると 「長期固定金利」・・・金利が変わらない

「変動金利」・・・金利が経済状況によって変わる。

住宅ローンの最初の返済額が少ないものは変動金利のものが多いですが、その場合将来金利が上昇する場合もあるので注意が必要です。

金利が上がれば、その時の収入も増えている可能性もありますが、あくまで可能性です。

金利が上がってしまい返済できないトラブルもあります。

特に20代の若い世代では最初の返済額の少なさと金利に関する情報の少なさから変動金利のものを選ぶ人が多いのですが、将来の安全性か ら考えると「長期固定金利」を選び、
計画的な返済計画をたてることが大事です。

長期固定金利の種類には、住宅金融公庫、証券化住宅ローン、民間金融機関の住宅ローンの3種類があります。

民間金融機関の長期固定は金利が高いので、公庫か証券化ローンを利用するのがよいでしょう。

金利が変わって困った経験  ★ローンが払えなくなった時は・・・

マンションのローンが払えなくなったら・・・

当然ですが、収入がないからと言ってローンの返済を免れるということはありません。

収入がなくなった理由は様々でしょうが、その期間に、例えば失業保険や、傷病手当などの補償があるはずです。

女性マンション2-4そうした制度な どを使って、とにかくきちんと返すことが大切です。

そして返そうという努力をしたにもかかわらず、返済が苦しいとなったら、すぐにローンを組んでいる金融機関に相談するようにしましょ う。

また購入の際、団体信用生命保険などとは別に、休業などで収入がなくなった時の補償をするサポートローン保険というのが、 各保険会社から出ています。

銀行の金融商品と一緒に出ていたり、購入の際に紹介してくれるところもありますので、 心配な方はこうした保険に加入するのも方法のひとつです。

基本的に、失業や病気などでローンが払えなくなったことに対して、公的な救済はありません。

「借りたものは返す」がローンの大前提。


ローンを組む際には、そうした事故が起こる可能性もきちんと頭に入れて、せっかく買った住宅を手放すなどということにならないように 余裕を持って組む資金繰りを考えるようにしましょう。


▲このページの先頭へ

メインメニュー

システム

運 営

運営:チームHyouGo
このサイトは、マンションに
住みたい女性を応援する
ために運営しています。

スポンサー

早めの資料請求で賢くマン ション購入