女性の生活環境   年齢をかさねても、暮らしやすいかどうかをチェック

女性の場合、マンション選びで優先すべき最大の箇所は、原則として生活環境型の立地と
考え下さい。

 そこから考えれば、その地域で自分の予算に合ったマンションの数というのはある程度絞ら
 れてくるでしょう。
その上で、見学できるだけ見るというのも時間が許せば、それに越したことはありません。
ただし、マンションの見学注意点であげたように、「何を 見る」かという目的が決まっていなければ、それぞれの物件を上手に比較することができませんから、 注意が必要です。

暮らしやすさ3−4 数よりも、目 的意識を持って見るということを念頭に置きましょう。

 また周辺環境や駅からの道のりなどは、曜日・時間帯などを変えて、
 何度か訪れてみることが重要です。
 実際の生活をイメージして現地見学をすると、思わぬ発見も多いもの 
 です。
マンションのある地域が生活しやすいかどうかを必ず確認しましょう。

生活しやすい環境としてのチュック項目

●買い物施設・・・スーパーや商店街、コンビニなどが近くにあるか(重いものを持てる距離)

※ 買い物施設では、スーパーや商店街にしても品揃えや値段などもチェックしておくといい 
  と思います。

● 交通機関・・・電車・バス・道路など(会社への通勤時間など)

※ 交通機関では、電車・バスの運行頻度や始発・終発の時間、ラッシュ時の状況、乗り換え
  なども確認しましょう。 また、道路では通勤時の渋滞状況も確認する必要があります。生活環境3-4

●教育施設・・・学校、保育園や学童保育など

  (将来の結婚も視野に入れるならチュックが必要)

※ 教育機関では、通学にかかる時間や通学路の状況を確認しておきましょう。
  保育園や学童保育では空き状況も大切です。

●公的機関・・・警察や消防署、役所等公的機関が近くにあれば意外と便利です。

 しっかりと、それぞれ次の点に注意しましょう。

嫌な施設がないか必ずチェック

自分がこれから購入しようとするマンションに嫌 な施設がないかは必ずチェックする必要があります。

★嫌な施設には、工場や高速道路、幹線道路、鉄道、高圧線、葬祭場、墓地、ゴミ焼却場などがあります。生活環境3-4-3

★他にも騒音や渋滞の影響がある商業施設や大型店舗。

★通学時・帰宅時の通路となるような学校、 トラックが頻繁に行き来する 
  集配所。

普段あまり気にしない施設でも実際にその近くに住んでみると意外に気になったりするものです。ですので、この場合もマンション周辺の施 設を確認した後、現地へ時間帯を変えながら下見に行くことが大事です。


▲このページの先頭へ

メインメニュー

システム

運 営

運営:チームHyouGo
このサイトは、マンションに
住みたい女性を応援する
ために運営しています。

スポンサー

早めの資料請求で賢くマン ション購入