住宅ローンと頭金   ローンに縛られないように。

マンション購入時に頭金はいくら必要なのでしょうか。

 結論から言えば、頭金はなくとも、銀行の住宅ローンを利用することはできます。 
そもそも、不動産を購入するためには住宅ローンを組む時には頭金が必要である、 という話は住宅金融公庫の融資が多かったからです。住宅ローンと頭金4-4

 現在は、住宅金融支援機構と名前と組織を変えている公庫は、住宅ローンの代表格といわれていました。 

 住宅金融支援機構(旧公庫)で住宅ローンを利用するためには、購入不動産価格の2割以上の金額が頭金として必ず必要になります。

 これは、融資できる上限額が購入価格の8割までと決まっていたからです。 

 たとえば、3000万円の不動産を購入しようと思った場合、住宅金融公庫を利用する場合には、2200万円までした融資してもらうこ とができませんでした。
残りの800万円は頭金として自分で準備しなければならないわけです。

 けれども、一般銀行が個人の住宅ローンに対しても広く門戸を開き、各行が競って有利な住宅ローンの商品を提供し始めた昨今では、公庫 は突出した存在ではなくなっています。
そして、一般的な民間銀行の住宅ローンの場合、不動産の購入価格の100%までの貸し出しが可能になっています。 

つ・ま・り、4000万円の物件を購入するために、4000万円の住宅ローン融資をうけることが出来るのです。

頭金がなくとも住宅ローンを組んで、十分に購入できるようになっています。

 ただし、不動産の購入には諸費用と呼ばれる諸経費がかかります。 頭金がなくとも住宅ローンを組むことは出来ますが、不動産購入のためには、諸費用という名前の資金が別途必要になります。 

 不動産購入にかかる諸費用もローンでまかなうことは出来ますが、住宅ローンよりも借り入れ条件が厳しくなったり、金利が高くなったり します。

 そのため諸費用は、頭金として用意した資金がある場合、頭金として使うのではなく諸費用として使ったほうが余計な金利が発生しませ ん。

マンション購入住宅ローの返済の目安

実際住宅ローンを借りるとなると、毎月どのくらいの金額が返済できるのか、非常に気になるところです。

住宅ローンと頭金4-4 この毎月返済 できる額については、家賃など今の住居費

 から計算するのが、マンション購入後も負担をかけずに

 済みます。

 といっても、計算式はとっても簡単。 

 今の家賃+毎月の貯蓄=毎月返済で きる額 です。

 「今の家賃」には共益費なども含めて計算してください。
ここで注意しなくてはならないのは、家賃と違って、マンションを買うと毎月管理費と修繕積立金を払うようになること。
その金額は物件によって異なりますが、月々2万円程度が目安です。
なので、今の生活より住居費の負担を増やしたくない人は、「今の家賃+毎月の貯蓄」から、その額は差し引いて考える必要があります。


▲このページの先頭へ

メインメニュー

システム

運 営

運営:チームHyouGo
このサイトは、マンションに
住みたい女性を応援する
ために運営しています。

スポンサー

早めの資料請求で賢くマン ション購入